小勢力回路

こんにちは、ネコスキです。

今日は休日なので昼からバリバリ勉強します。

というか仕事で疲れるので、休日しか勉強できません。

1発目は小勢力回路です。

小勢力回路は英語で、weak energy circuit
弱いエネルギーの電気回路という意味ですね。

 

目次

小勢力回路とは

小勢力回路とは、絶縁変圧器を用いて、2次側の電圧を60v以下に下げた回路のことです。
1次側は対地電圧300V以下の屋内配線の強電流電路です。
主に玄関のベルやチャイムで利用されます。

電圧が強すぎるから絶縁変圧器で下げて使用するってことですね。

 

絶縁変圧器とは

絶縁変圧器とは、1次側巻線と2次側巻線が電気的に絶縁された変圧器のことです。
2次側電路が大地から絶縁されているので、比較的安全な回路とされています

 

小勢力回路で使用する電線

小勢力回路の工事で使用する電線はコード、またはケーブルを使用します。

電線は軟銅線を使用します。
太さは、絶縁変圧器の1次側が直径1.6mm以上
2次側が直径0.8mm以上を使用します。


 

小勢力回の架空施設

小勢力回路用に架空施設(空中からの配線)する時は、軟銅線を使用し、
電線の太さを直径1.2mm以上にします。
外に施設して強度が必要だから硬銅線ですね。

 

小勢力回路のまとめ

・絶縁変圧器使用で60v以下は小勢力回路と言う。
・電線の太さは直径0.8mm以上の軟銅線。
・架空施設時は1.2mm以上の硬銅線。

以上。小勢力回路についてでした。

コメント

コメントする

目次
閉じる