ショウウィンドウ内工事

どうもこんばんは、ネコスキです。

今日も宿直の仕事から帰ってきて寝て起きたあとに勉強してます。

電工2種の試験は2か月後です。

勉強の進捗状況はまだ10%くらいです。

果たして間に合うのか!

 

というわけで、今日はショウウィンドウ内工事です。

ショウウィンドウ内工事とは、アパレルショップなどのショーウィンドウを施設する工事のことです。

目次

ショウウィンドウ内工事の注意点

コードは造営材に固定することは禁じられていますが、
乾燥した場所のショウウィンドウやショーケースに限り、
造営材に接触させて配線することが出来ます。

使用電圧は300V以下で、外部から見やすい場所に限ります。

乾燥していて見えるならコードを取り付けでも大丈夫でしょうってことですね。

 

ショウウィンドウ内工事の使用電線

電線の断面積は0.75mm以上のコードを使用、

あるいは、キャブタイヤケーブルを使用します。


 

支持点間隔は1m以下

ショウウィンドウ内の造営材(壁)などにコードを取り付けますが、

その際の支持点間隔は1m以下である必要があります。

 

差込接続器で接続

屋内配線との接続は、差込接続器を使用します。

いわゆる一般的に馴染みのあるコンセントというやつですね。

 

ショウウィンドウ内工事のまとめ

・コードを造営材に固定できる

・電線の太さは0.75mm以上。

・支持点間隔は1m以下。

・屋内配線の接続には、差込接続器を使用する。

 

ショウウィンドウ内工事はかなり短いですが、以上です。

コメント

コメントする

目次
閉じる